HOME>歴史・芸能・文化>伝統料理で暑さに負けない

スタミナ食材と食べやすさが特徴

愛知県は夏の気温が高く、全国的にも猛暑が続くエリアです。それでも夏バテしないのは、伝統的に食べられている郷土料理に秘密があるかもしれません。昔から、少し変わったスタミナ料理がたくさんあります。まず、味噌文化を代表するかのような料理、金山寺味噌です。これはナスやニンジンなどの野菜を塩漬けしてから麦麹に混ぜ込み、発酵させた味噌で、ご飯のお供によく食べられています。ミョウガやショウガなどさわやかな香味野菜が効いていて、食欲がないときでもご飯にのせればペロリです。また、お茶漬けにのせても味噌の風味でおいしくいただけます。同じく味噌を使った料理ですが、なんとそうめんを酢味噌で食べる郷土料理があるのです。夏といえばそうめんですが、めんつゆだけでは飽きてしまいがちです。そこでそうめんにキュウリやミョウガなどを盛り、酢味噌をのせていただきます。ポイントはキュウリのシャキシャキ感で、酢味噌とベストマッチです。もちろん赤味噌を使った酢味噌で、酸っぱいものが苦手でも食べやすいと言われています。それから、夏のスタミナ食といえばやはりとろろでしょう。豊橋にはとろろと白飯を入れたカレーうどん、その名も「豊橋カレーうどん」がありますが、ここにも郷土料理の要素が使われているというわけです。地域の特徴としては、味噌仕立てにするところです。醤油味のとろろも美味しいですが、バテ気味の夏の体には甘めの味噌とろろがしみ込んでいきます。

新着記事リスト