HOME>県内イベント告知・レポート>たき火を囲むサルを観察

雪遊びができます

愛知県では冬になるといろいろなイベントが開催されますが、中でも北設楽郡豊根村にある「茶臼山高原スキー場」はおすすめです。愛知県では最も空に近い所と言われていて、初心者向けコースが中心になっているのでファミリー向けのゲレンデになっています。ソリ専用のゲレンデや雪あそび場が大きくとられていて、子供たちは楽しむことができるでしょう。楽しいイベントが盛りだくさんで、12月下旬~3月中旬まで開催されています。降雪状況によって直前に決定することがあるので3月以降は来場する際、事前に確認することをおすすめします。駐車場は無料で利用することができ、アクセス方法は「浜松いなさ北」ICから約55kmの場所です。犬山市にある「日本モンキーセンター」もおすすめで、冬になるとたき火を囲んで温まっているサルの様子を見ることができます。12月下旬~2月下旬の土日祝にたき火にあたっているサルを見ることができ、年末年始も開催されています。日本モンキーセンターの風物詩として有名で、毎年多くの人が集まる恒例のイベントです。本来火を怖がるサルたちが寒さをしのごうとしてたき火を囲む様子はかわいく、たき火の後は焼きイモタイムが実施されています。サルが熱々のおいしそうな焼きイモをほお張る様子を堪能することができ、アクセス方法は名古屋鉄道「犬山駅」から直通路線バスに乗って約5分です。

新着記事リスト