HOME>各市区町村情報>太陽光発電補助金を知ろう

設置したら申請しよう「太陽光発電補助金」

太陽光発電が普及し活用する家庭も増えた愛知県で、一戸建ての新居や管理している集合住宅に太陽光発電を利用しようと考えている人も多いのではないでしょうか。その際、補助金の申請ができることをご存知ですか。日本で住宅用太陽光発電が販売された1993年、設置費用は1kWあたり370万円もしていました。一般家庭でも利用できるよう国が補助金制度を開始したのが1994年です。補助金なしでも利用できるまでに値下がりした2013年に国からの補助金制度は廃止になったものの、多くの自治体では現在でも補助金制度を続けています。愛知県でも住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金という制度を起用しています。その条件は個人で申請すること、市町村補助金の補助対象であること、申請者本人の居住する住宅または管理する集合住宅であること、未使用品のパネルであることです。このすべてを満たす人が補助金の申請し受け取ることができます。県からは上限1.32万円とする1kWあたり0.33万円の補助金が受け取れるほか、各市町村でも名古屋市や豊橋市をはじめとする39の市町村が1kWあたり平均2万円の補助金制度を起用しています。重要なことは条件が「未使用品であること」で、設置して使用してしまってからでは申請ができないことです。これからソーラーパネルの設置を考えている人は是非、住んでいる地域の補助金制度も含めて申請を検討してみてください。

新着記事リスト